便秘解消に効く青汁

食物繊維を多く含んだ青汁を飲んでおなかスッキリ!
便秘解消にオススメの青汁を徹底紹介。

○○○○の情報

便秘解消におススメ食材

便秘解消に有効な、お勧め食材を紹介。そのまま食べてもいいですけど、いろいろアレンジして食べると長く続けられますし、青汁などに含まれている成分と一緒になっている商品などにチャレンジしてみましょう。

1、バナナ
果物の王様、そして言わずとしれた便秘解消食材ですね。

食物繊維やカリウムをたくさん含んでいて、このカリウムは水分の代謝を助け、水分を補給をしてくれる働きがあります。

バナナは皮をむくだけで手も汚さず食べられるので、朝の忙しい時間でもOK!毎日1本食べてみてもいいですよね。

2、さつまいも
食物繊維が多く含まれていることで有名ですね。

さつまいもが含む食物繊維は、セルロースというもので、このセルロースには排便を促す効果があります。

さらにさつまいもを切った時に出る液体には便をゆるくする効果があるとも言われています。

そしてがん予防もあると言われる食材です。

3、ヨーグルト
ヨーグルトに含まれる乳酸菌が、腸内の善玉菌を増やして、悪玉菌をやっつけてくれます。

整腸作用があるので、便秘や下痢には効果抜群な食品として食べてる人も多いですよね。

4、リンゴ
食物繊維が豊富で、善玉菌を繁殖させる働きもあるので、便秘には最高の食材です。

そしてリンゴが嫌いな人ってなかなかいないのも特筆すべき点です。

綺麗に洗って皮も捨てずに食べるとなおいいです。すりおろして食べてもいいですよね。

5、ハチミツ
これは一般的に知られていませんが腸内環境を整えるだけではなく、美肌効果もあるんですよ。最近では化粧品に含まれていることも多くなっています。

飲み物に砂糖を入れるのではなく、はちみつに入れて甘さを調節するのもいいですね。料理に入れてもおいしいです。

6、ココア
こちらも食物繊維が含まれ、善玉菌の働きを活発にします。ポリフェノールが多く含まれていることでも有名です。

身体を温める作用もあるので、冷え性の方にもいいですね。

朝牛乳をレンジでチンしてココアの粉を混ぜれば簡単にできますので、続けて飲めれば飲んでおきたいですね。

脱毛ラボ 店舗

食物繊維の有効性

食物繊維は便秘解消にいいって聞きますけど、食物繊維はいったいどんなものなんでしょう?

食物繊維とは、人の消化酵素で消化されない成分のことです。

以前は、身体の中に入っても出て行ってしまうものであるので不必要なのではないか、と言われていました。

しかし、その通り抜ける過程が、人体にとって有効であると分かってからは、必要な栄養素の一つとなりました。

食物繊維には、大腸の働きを促したり、肥満防止、血糖値上昇を抑制したり、さらには大腸癌の発生を抑制したりと、体にとってとても大切な働きをしています。

食物繊維は次のような食材に豊富に含まれています。

1. 玄米、ソバなどの穀類
2. さつまいも、じゃがいもなどの芋類
3. 椎茸、エノキダケなどのキノコ類
4. のり、わかめ、ひじきなどの海藻類
5. 大豆、納豆、ごまなどの豆類
6. ごぼう、春菊などの野菜類
7. バナナ、りんごなどの果物類

食物繊維って野菜に多く含まれているイメージがありますけど、こうしてみると結構たくさんの食材に食物繊維が含まれている事がわかります。

このうちのひとつの食材をひたすら食べるのではなく、多くの食材をまんべんなくバランスよく食べることが重要であり、それらが便秘の解消に結びつきます。

ただ、忙しい現代人に取ってはたくさんの食材を使った料理を作ったり、食べたりする事はなかなかむずかしく、食事だけで食物繊維を十分に摂取するのは難しいですよね。

そこで、青汁などを飲む事で必要な食物繊維を上手に摂取する事ができるんです。

食物繊維で便秘解消

便秘には食物繊維がいいとよく言われます。

食物繊維には柔らかくて大きな便にしてくれる作用があります。

適度な柔らかさと大きさが排泄を楽にしてくれるので、便秘になりにくいということなんですね。

食物繊維は野菜や果物、穀物類に多く含まれており、特に色の濃い野菜や葉類に多く含まれています。

野菜であれば、ほうれん草、モロヘイヤ、ニンジン、かぼちゃ、キャベツなどです。
果物であれば、オレンジ、りんご、桃などです。
穀物類では豆類やパンなどです。

野菜ジュースや青汁など飲む事で簡単に食物繊維を含んだ食材を摂取する事ができます。食物繊維以外の栄養分を補給できるため青汁がやっぱりオススメですね。

便秘の要因

便秘になると腹痛のほかにも様々な自覚症状があります。

便秘がひどくなると吐き気をもよおしたり、腸に残便感を感じたり、お腹に膨満感を感じたり、下腹部に痛みを感じたりすることがあります。

さらにひどくなると食欲がなくなり、めまいなどを起こすこともあります。

これらの便秘の要因と考えられている1つの理由として、「食物繊維の摂取不足」があります。

便秘になると、繊維系のものを食べた方がいい、と言われますよね。

食物繊維を食物から適度にとることは体内バランスを整える意味でもとても大切なことです。

青汁をはじめとした野菜ジュースは食物繊維を多く含んでおり、普段なかなか野菜を取らない食生活でも簡単に摂取することができますので、オススメですね。

便秘になる2つ目の理由として体のホルモンバランスが崩れても便秘は起こります。

3つ目の理由としては、服用している薬の副作用ということも考えられます。

現在服用している薬があればその副作用について調べてみるとも大切です。

特に鎮痛剤やカルシウム剤、鉄剤、利尿剤、抗うつ剤などは副作用に便秘があると表示されていることが多々あります。

最後に4つ目の理由として、精神的な理由が挙げられます。

今ストレスと抱えていて、心配なことがあったり、新しい環境になったばかりで極度の緊張感があったりすると消化器官に異常をきたして便秘や下痢になることがあります。

その他にも加齢によって便秘になりやすくなる体質の人や職業によってなる人、生活環境によるものもありますが、概ねはこのようなことが便秘の外的要因であると考えられています。

これらの要因はお互いが原因となる多様性を持っています。

便秘とは

便秘とは、その便の排泄が困難になることを言います。

便秘の定義としては日本内科学会が「排便が3日以上ない場合、あるいは毎日排便できていても残便感がある場合」と示しています。

また日頃から便を排泄することが困難だったり、残便感があったりすることを便秘と言うこともあります。

便を排泄する間隔については、それぞれの体質や生活環境などによっても左右されるので一概には言えませんが、理想的には毎日、便を排泄できることが理想です。

便秘の原因としては2種類考えられています。
1つ目は「器質性便秘」といって体内器官の腸に何かしらの障害が発生していて腸管が狭くなり起こっている場合。

2つ目は「機能性便秘」といって機能異常の場合と腸管自体の機能低下による場合とがあります。
つまり腸の一部が何らかの理由で細くなっていたり遮断されたりしていて便が動けずにいる。
あるいは腸が麻痺をしてしまって腸が動きを止めた場所で便が動けずにいる。
また過度に脱水症状を起こすと便が固く大きくなりすぎてしまって排泄できないということもあります。

便の量があまりに少なくなってしまっても便が固く塊になってしまい排泄できないこともあります。
このようにして便秘が起こる原因はいくつか考えられています。

便秘と青汁

便秘で悩んでいる人の多くが野菜の摂取不足の場合が多いです。

普段の食事で野菜が不足すると便秘になりがちになります。便秘の解消には食物繊維を多く摂取するのが有効なのですが、普段の食事ではなかなか十分な食物繊維をとることができません。

そこで、食物繊維を多く含んだ青汁が最適です。

食物繊維を多く含んだ青汁を飲むことによって便秘の解消や代謝機能を高めることができるんです。

しかし、青汁もいろんなメーカーが沢山の種類の青汁を販売しているので、どれを選べばいいかわからないですよね。

また、青汁の商品によっては食物繊維を含まないものもあり、便秘解消に大きな

当サイトでは便秘解消によい青汁をしっかり紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0